MENU

 PCMAXとJメールとハッピーメール、友人はここだったら大丈夫だからと教えてくれたのです。
正直な話、男の人との出会いにはかなり焦りを感じてしまっていましたから、私もすぐにでも相手を探そうと思って出会い系に登録しました。
この3つの出会い系は、公式アプリもあるからとても使いやすいという印象でした。
「とにかくパパに気に入ってもらわないといけないからね、プロフィール写メとかもしっかり撮影した方がいいよ」
そう言われて、すごく工夫しながら写メを撮影しまくっていきました。
顔全部出すのはやっぱり怖いですから、部分的に隠してプロフに貼り付けていきました。
あまりガツガツした態度はパパが嫌うらしいので、あくまでも食事を食べさせて欲しいと言うような内容で書き込みをしていきました。
とっても人気の高い食事パパだから、そんなに簡単にメッセージを受け取れないって最初は思っていたんです。
それでも、掲示板で募集をやっていくと少しずつメッセージが届くようになってきました。
本当にすごいぞ、教えてもらった出会い系サイトってお金持ちの人がいるんだなって欲分かった感じです。
メール交換を続けて、待ち合わせしたいと言われたのがPCMAXで知り合った37歳の医師でした。
ドクターと言えば、確実にセレブですから待ち合わせを承知して会うことにしました。
事前にキャッチしたパパ候補の好み通り、黒い丈の短いワンピースで出かけていく事にしました。
実際に知らない人と会うのは怖い気持ちと緊張感と、どちらともありました。
だけど会ってみたらとっても穏やかで、しかも好青年といった雰囲気ですごい安心してしまったのです。
しかも、1人で食べに来れないようなレストランに連れて行ってもらって、とても美味しく料理を頂くことができました。

その日は面接だったんだけど、2万円を渡してもらうことができました。
「仕事の都合もあるんだけど、月に2回程度は合う関係を作れないかな?」
そう言われて即座に契約することにしてしまったんです。