オナニーの見せ合い

彼女の友達、アンのことが大好きです。その事は彼女は知らないけれどアンは知っています。俺が酔っているときにアンに会って告白をしたから。だけど、アンも俺と同じ気持ちだったのでその告白にはすごく喜んでいましたが、しかし友達を裏切れないから付き合えないし、もし別れても私はあなたと付き合う勇気がないと言いました。複雑な気持ちでした。
その後も彼女も交えて3人で遊んだりしました。会うたびにお互いが好きという気持ちが強くなっていました。だからまたお酒の力を借りてキスとか出来ないならオナニーの見せ合いはしてみないと誘ってみました。アンは驚いた顔をしていましたが「オナニーの見せ合いだけなら浮気ではないよね。」と言ってやることにしました。
相互オナニーを希望する女性からの返信を貰って夢気分です
初めてやったのはお互いの家でテレビ電話でやりました。初めて見るアンの裸。俺はすぐにアレがすぐに出てしまいイッてしまいました。早すぎる展開に俺はつい謝ってしまうとアンは気にしないでと言ってくれました。それからも数週間に一度のペースで楽しみました。以前はテレビ電話が今では直接会ってオナニーをやってます。本当にHしたい気持ちでいっぱいでしたが我慢。すると、アンから「友達を裏切る行為だと分かっているけどもう我慢できない。」そう言ってアンから俺にキスをしてきました。それに対して俺も我慢出来なくなりました。
それからは、オナニーよりも実際にやる回数が増えてしまいもう彼女に本当のことを言おうと思いました。
アンも友達から絶交されるけど気持ちが抑えられないと言って決意してくれました。
オナニー鑑賞
オナニー指示

Categories :
テキストのコピーはできません。